Flex、AIR、Java、Androidなど

Archive for the ‘Ajax’ Category

※日本語にはそのうち対応します、しばしお待ちを。

Description
This application has useful capabilities for whom cares battery life of your phone. Such as,

Saves history of installation / uninstallation of apps, and show how them affect to your battery life graphically.
Battery life is recorded by 3 situations. how battery burns while phone sleeping, while phone screen on(maybe you are using something) and 24-hours.

Check how [...]

日本語はこちら

※Screen Resolution 480*320(T-moblie G1, Dream, Hero, etc)

※Screen Resolution800*480(SmartQ5 etc)
This application shows photo slide show like digital photo frame provided by Flickr. I made it to turn SmartQ5 that will be shipped within Japan with Android OS installed.

Androidに標準でインストールされているギャラリーは画像を見るだけでなく、他のアプリケーションが画像を必要とする時にIntentにより起動され、画像を渡したり、Intentに仕込まれたパラメータによって縦横比やサイズを指定して切り抜いた後、返したりできます。
そこでAndroidならではと思いつき、SDカードに登録されている画像と同じようにFlickrにアップロードされている画像を他のアプリに渡したり、切り抜きが必要な場合には切り抜き用ウィンドウを利用して加工した後返したりできるアプリを作りました。
とりあえず電話帳に画像を登録する時や、Gmailに添付ファイルとして画像を選択するような時に使えるかと思います。
図解できればいいのですがセンスがないのでやめときます。
要は、
1) Intent.ACTION_GET_CONTENTを横取りして、画像をSDから選ぶかFlickrから選ぶかユーザーに選択させる
2) SDを選ぶと標準のギャラリーに移動。Flickrから選びたいときは検索をかける
3) 検索結果はWebViewに表示。
4) 欲しいのがあればタップすると画像を選択するか、ダウンロードのみ行うか、クリップボードにタイトルやURLをコピーするかなど選べます。ダウンロード完了後は起動されたIntentに仕込まれたパラメータによりそのままのサイズで返すか、縦横比やサイズが指定された場合はそれをもとに画像切り抜きウィンドウを表示。切り抜き完了後、データを返す。
という感じです。
また、GET_CONTENTに反応するだけでなく通常のギャラリー&写真ダウンローダーとしても機能します。
開発者の方へ。
Intentを公開しますのでお好きにご利用ください。ユーザーに画像を選択させ、それを指定したサイズで自分のアプリに引っ張ってくることが可能になります。
起動したい時は、
Intent intent = new Intent(Intent.ACTION_GET_CONTENT, null);
intent.setComponent(new ComponentName("biz.stachibana.flickr.picker","biz.stachibana.flickr.picker.InitialActivity"));
が必須です。
切り抜きをしてから返して欲しいときは、上記に加え
intent.setType("image/*");
intent.putExtra("crop", "true");
intent.putExtra("aspectX", 1);
intent.putExtra("aspectY", 1);
intent.putExtra("outputX", 96);
intent.putExtra("outputY", 96);
intent.putExtra("return-data", true);
こういう感じで。
例外は省きますが、ActivityNotFoundExceptionをキャッチした時はコンポーネントネームを外してAction.GET_CONTENTのみをつけてやれば標準のギャラリーが処理を行うことになります。戻り値の型は合わせてありますのでPhoto Gallery PlusがインストールされていなくてもSDの中からでしたら画像を引っ張れます。
帰ってきた時ですが、切り抜き無しの時は以下の様にして取れます。
@Override
protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
switch(requestCode)
{
[...]

コメントは受け付けていません。

Ajaxでちょっとした地図系のアプリを作っているのですが、イライラさせられっぱなしです。
もともと全てをjavascriptで書こうとするとイライラで発狂してしまうのは分かっているのでここまで流行っているのに手をつけていなかったのですが、今読んでいる本「独習Java サーバーサイド編」の最後の方にJava言語でjavascriptを触ることの出来るDWRライブラリというのが乗っていましたのでやってみました。
通信は非同期で行われますのでGmailのようなローディングメッセージを表示するべきとあったのでその通りに書いてみたのですが、嵌ったのでメモを残しておきます。
恐らく出版された時とdwr.jarが違うのが原因なのでしょうが、私の場合
DWRUtil.useLoadingMessage();
でDWRUtilが宣言されていません、というような内容が出てしまっていました。
ので、dwr.jarをほぐして、org\directwebremoting\ui\servlet\util.jsを開いてみたところ該当する行がコメントアウトされていました。
/**
* Declare an object to which we can add real functions.
*/
if (window['dojo']) dojo.provide(‘dwr.util’);
if (typeof window['dwr'] == ‘undefined’) window.dwr = {};
if (typeof dwr['util'] == ‘undefined’) dwr.util = {};
//if (typeof window['DWRUtil'] == ‘undefined’) window.DWRUtil = dwr.util;

/** @private The flag we use to decide if we should escape html */
dwr.util._escapeHtml = true;

この
//if (typeof window['DWRUtil'] == [...]

コメントは受け付けていません。
Tags:

Categories

 

2017年2月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

About

Author: tachibana

  • ちょっとしたことはTwitterに書いています。こっちはアプリの公開等の時に更新されます。
  • 最近はもっぱらJavaとObjective Cです。AS3は飽きました。
  • スクリプト言語ではPerlが好きでしたが最近はGAE/Jで何でもやってます。
  • Linuxは自宅サーバー建てるのがやっとのレベルです。前の会社で何日も徹夜してやったのはいい思い出です。
  • アプリへのご要望などご意見等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

Alternative content here