Flex、AIR、Java、Androidなど

1月23日 2009

Decoratorパターン、Chain of Responsibilityパターン

Posted by: tachibana In: プログラミング

Decoratorパターン - 自分なりの結論:

Compositパターンにあったように、最終的に何らかのオブジェクトを作りたいときその部品となるものを同じものとして捉えられるよう準備しておく。メインクラスからオブジェクトを生成する際は部品は何種類も存在でき、それら全てが継承元のスーパークラス型にキャストが可能な為、自由な組み合わせや部品に部品を組み合わせたものはオブジェクトでもあり部品でもある(組み合わせ前と型は変わっていない)。この場合は継承でなく委譲を使うこと。

Chain of Responsibilityパターン - 自分なりの結論:

一つのオブジェクトの処理を行う時、このクラスで処理できれば処理し返す、出来なければ次のクラスへ。というような場合はChain of responsibilityパターンで処理する。例によって処理を行うクラスはある抽象クラスを継承していて、それぞれが処理できなければ次はどのクラスに回すかという値を保持するフィールドを持つ。こうすることによりわざわざif分などで回りくどいメソッドを書かなくてもメインクラス内では全て同じ型なのでそれに処理を委譲してやれば良い。
EasyFreeAds Blog News Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google Yahoo Buzz StumbleUpon

1 Response to "Decoratorパターン、Chain of Responsibilityパターン"

1 | spence diamonds halo engagement rings

4月19日 2014 at 3:46 PM

Avatar

Hi, I log on to your blogs like every week. Your humoristic style is
witty, keep up the good work!

Categories

 

2017年2月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

About

Author: tachibana

  • ちょっとしたことはTwitterに書いています。こっちはアプリの公開等の時に更新されます。
  • 最近はもっぱらJavaとObjective Cです。AS3は飽きました。
  • スクリプト言語ではPerlが好きでしたが最近はGAE/Jで何でもやってます。
  • Linuxは自宅サーバー建てるのがやっとのレベルです。前の会社で何日も徹夜してやったのはいい思い出です。
  • アプリへのご要望などご意見等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

Alternative content here