Flex、AIR、Java、Androidなど

12月10日 2012

【Android】著書「AndEngineでつくる Android2Dゲーム」が発売されます。

Posted by: tachibana In: Android| プログラミング

表題の通り、12/13日に著書「AndEngineでつくる Android2Dゲーム」が翔泳社様より発売されます。

Android用の2Dゲームフレームワークを利用して、カジュアルゲームをサクサク作れるようになろうという内容です。

iOSの方はcocos2dという絶対的な2Dゲームのフレームワークがありましたが、Androidにはまだ決定的なものも無く、今年の夏くらいまでは端末のスペック的にも「簡単に」ゲームをつくることはあまり容易ではありませんでした。

私自身が最初にAndEngineに触ったのは2011年の1月と古いのですが、まだ初代XperiaやDesireなどが主流の時代でしたのでシンプルなゲームでもカクカクでゲーム作りは保留していました。

それから2年近く経ち、端末のスペックも上がったことで、スペックを意識しなくてもカジュアルゲームならサクサク動くものが簡単に作れるようになったこともあり、執筆を始めました。

ざっくり言うと、以下のような内容になっています。(Amazonから抜粋)

600万ダウンロードを達成した著者が贈るゲームづくりの基礎とウケる秘訣! スマートフォンの普及により、すきま時間にシンプルなゲームを楽しむ人が増えています。

ゲームはアプリの中で最も人気のあるカテゴリであり、ヒットすれば無料アプリでも広告による収入が見込めます。ゲームづくりはハードルが高いと思われがちですが、シンプルなゲームであれば、経験が浅くても、個人であっても簡単につくることができます。真にアイデアで勝負できる魅力的なジャンルといえるでしょう。

本書では、AndEngineというフリーのゲームエンジンを使った開発を解説します。これにより開発のハードルが大幅に下がり、初心者でもアイデアを形にすることが容易になります。

また、ゲーム開発未経験から始めて、一人で企画・開発・デザインを行いながら数々のヒットアプリを生み続ける著者による、実体験に基づいたヒットのコツを随所に散りばめました。ゲームアプリを作ってみたい人、ゲームづくりで挫折した人、自分のアプリで稼ぎたい人にお勧めの1冊です。

目次は以下のようになっています。

1章 開発環境を構築する
2章 ゲームの雛形を作る
3章 投げ系ゲームを作る
4章 横スクロールゲームを作る
5章 加速度センサーを利用したゲームを作る
6章 外部サービスと連携する
付録 逆引きAndEngine
ヒットの秘訣(1)〜(10)

本書では3つのカジュアルゲームを作りながらゲームの作り方を学んでいきますが、それらの中でカジュアルゲームに必要なテクニックや実装をひと通り詰め込みました。

1ゲーム当たり80ページ程ですので、通して組んでみて下さい。その後はアイディアを思いついてそれをゲームに落としこむところまでできる方なら、2、3日もあればリリースまで持っていけるようになると思います。

本書で作るゲームは実際にPlayストアにリリースされています。

興味のある方は落としてみて下さい。

以前執筆した書籍「コピペではじめるiPhoneゲームプログラミング」では、読者の方がiPhoneのゲーム総合ランキングで1位を取りました。

著者としては、こんなにうれしいことはありませんでした。(→紹介記事

今回も同じように、読者のかたからランキング上位獲得者が現れることを祈っています。

本書を読んでいて、ご不明な点等ありましたらTwitterでご連絡下さい。

もうアプリでは儲かりません!いち早くiPhoneのカジュアルゲームに目をつけた個人開発者は数百万〜数千万設けています。この流れはAndroidにも必ず来ます。是非ともいち早く本書を手にとって、カジュアルゲーム戦国時代の勝者になって下さい!

EasyFreeAds Blog News Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google Yahoo Buzz StumbleUpon

2 Responses to "【Android】著書「AndEngineでつくる Android2Dゲーム」が発売されます。"

1 | MT

3月31日 2013 at 9:34 AM

Avatar

現在第4章を拝読しております。

page159 : setOnSceneTouchListener(this); を追加すべき部分が、赤の活字で印刷されていません。忍者がjump/slideしないのでやっと気づきました。

page 149 : //傾きの量 ~ //センサーマネージャ は、第5章で追加すべきコードだと思います。

以上2か所、ご報告いたします。

2 | RS

6月7日 2013 at 4:13 PM

Avatar

初めまして、著書を参考にAndengineを使用してAndroidアプリを作成いたしております。
大変解説が分かりやすく、
色々と参考にしながら進めていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみにResourceUtilで、Bitmapに格納したTextureがScene破棄で解放されていないかもしれません。
ロード時にリストに格納し、Scene破棄でclearさせてみて大丈夫のようでした。
ご指摘ありましたらよろしくお願いいたしますm(_)m

Categories

 

2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

About

Author: tachibana

  • ちょっとしたことはTwitterに書いています。こっちはアプリの公開等の時に更新されます。
  • 最近はもっぱらJavaとObjective Cです。AS3は飽きました。
  • スクリプト言語ではPerlが好きでしたが最近はGAE/Jで何でもやってます。
  • Linuxは自宅サーバー建てるのがやっとのレベルです。前の会社で何日も徹夜してやったのはいい思い出です。
  • アプリへのご要望などご意見等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

Alternative content here