Flex、AIR、Java、Androidなど

Posts Tagged ‘ツール

バカゲーシリーズもとうとう11本目がリリース!30本目指します!
10本もあればどれか1つくらいは気に入るのがあるはずです!アイコンとスクショを直感で見て気になるのを是非遊んで見て下さい。
かき氷職人

かき氷職人 (Version 1.0)

カテゴリ:
ゲーム

価格:
無料

デベロッパ名:
S.Tachibana

リリース日:
2012/08/08

対応デバイス:
全機種

現Ver.の平均評価:
(無し / 0件の評価)

通算の平均評価:
(無し / 0件の評価)

Game Center:
対応

オネエと黒い棒

オネエと黒い棒 (Version 1.1)

カテゴリ:
ゲーム

価格:
無料

デベロッパ名:
S.Tachibana

リリース日:
2012/07/20

対応デバイス:
全機種

現Ver.の平均評価:
(5 / 3件の評価)

通算の平均評価:
(5 / 7件の評価)

Game Center:
対応

Touch the 天パー

Touch the 天パー (Version 1.1)

カテゴリ:
ゲーム

価格:
無料

デベロッパ名:
S.Tachibana

リリース日:
2012/07/14

対応デバイス:
全機種

現Ver.の平均評価:
(5 / 2件の評価)

通算の平均評価:
(4 / 6件の評価)

Game Center:
対応

熱々小籠包

熱々小籠包 (Version 1.1)

カテゴリ:
ゲーム

価格:
無料

デベロッパ名:
S.Tachibana

リリース日:
2012/07/14

対応デバイス:
全機種

現Ver.の平均評価:
(5 / 1件の評価)

通算の平均評価:
(4.5 / 3件の評価)

Game Center:
対応

追いオリーブオイルどばぁ〜

追いオリーブオイルどばぁ〜 (Version 1.1)

カテゴリ:
ゲーム

価格:
無料

デベロッパ名:
S.Tachibana

リリース日:
2012/07/02

対応デバイス:
全機種

現Ver.の平均評価:
(無し / [...]

コメントは受け付けていません。

遅くなりましたが、11/24、初の著書「コピペではじめるiPhoneゲームプログラミング」が秀和システム様から発売されます。
初めはWebプログラマーの方やAndroidしかやったことない方がメインのターゲットとして書いていたのですが、諸事情で対象読者は「Objective-C書ける人」となっています。
ですが、Androidを長くやってらっしゃる方ならすんなり入れると思うので、おすすめです。わからないことあったら聞いて下さいな。
特徴として、
◆ 動かす → コード確認の流れを取り、少しでも途中で投げ出したくならないようした。
◆ GimpやGarageBandも詳しく解説し、ページ数が許す限り一冊でデザイン、開発、リリース、販促活動、収益化までカバーできるようにした。
の2点があります。特に後者はスマホ開発本では今までなかった形ではないかと思います。
また、500ページ超えで2500円なのでお買い得かと。
AndroidはできるけどiPhoneちょっと…や、iPhoneアプリはできるけどゲームはちょっと…という方が周りに多く、楽しいし簡単なのになぁと思ってた自分からするともったいないという思いから生まれた本です。
自分も最初は苦手意識と難易度が高いのではという思い込みからゲームには手を出していませんでしたが、やってみると簡単ですし周りにも受けがよく、ダウンロード数も伸びるしランキングにも入るしで今では本当にゲーム開発を始めて良かったと思っています。
また、ランキングをチェックしている方なら分かると思いますが、iPhoneゲームはAndroidやiPhoneアプリに比べまだまだ個人の開発者でも大爆発の可能性があります。
ゲーム開発は楽しいので、この機会に是非手にとって見てみて下さい!
皆様のゲーム開発の助けになれば著者としてこんなにうれしいことはありません。

コメントは受け付けていません。

04 9月, 2011

東京に引っ越しました。

Posted by: tachibana In: Android| プログラミング

しばらくぶりの更新です。
独立してから色々あり、9月から東京のGMOインターネットさんにてスマホ関連の研究や企画を行うポジションにつかせて頂いています。まだ2日しか出社していないのですが皆様良い方ばかりで、これからどんどん頑張っていこうとふつふつと燃えています。
とはいってもジンバランの代表なのは続けていきますし、お仕事の依頼等あれば柔軟に対応していきます。(会社には許可を頂いています) ※見積もりや受託開発はもうできないです。すみません。
あと1週間位は執筆で忙しいのですが、それ以降仕事に慣れてくれば夜は時間あると思うのでお食事や飲み等誘っていただければ出て行きます!寂しいので是非誘ってください!会社は渋谷で今いるのは横浜なんですがどっちでもいいです。
東京に来ておもったこと
・どこ行ってもエアコンの効きが悪い上に渋谷は特に暑く辛い。照り返しのなんとか現象のせい?
・ラーメンうまい
・東急東横線だと混んでないので楽
自分では自分は特別な人間じゃないと思ってるんですが、こんな仕事をさせて頂けるのは周りの方々のおかげで本当に感謝ですね。期待されている以上にばりばり仕事をしてあいつを雇ってよかったと言ってもらえるよう力を尽くします!
何枚か写真貼っときます。
渋谷のラーメン屋さん櫻坂

家系総本山 吉村家さん

109

GMO Yours(社食) ※全部無料

GMO Yoursの金曜日夜(Barになります) ※全部無料

ラーメン二郎 横浜関内店

すごい方に連れてって頂いたお店で出てきたお寿司 ※ 最高に美味かったです。うにはいままで食べた中で一番美味かった

環境は変わりましたが自分は相変わらず田舎者、酒好き、人好きで変わってませんので今後ともよろしくです。

2011年6月30日にAUさんから発売になりましたINFOBAR A01/iidaにプリインストール(厳密にはショートカットが最初から入っている)のタスクマネージャー、Task CleanerのPG部分の開発を担当させて頂きました。
既にホームページも用意されているのでそちらをごらんになった方が早いかと思います。
以下の様な機能があります。

手動タスクキル機能
自動タスクキル機能
高度な自動タスクキル設定
計6種類のキルリスト(無視リスト)保存機能
キルリストのプリセット機能
リモートでのキルリスト更新
Wifiや傾き等の各種センサー類のトグル機能
端末消灯時のWifiや同期頻度の設定機能
INFOBAR独自のHOME画面上で動作するウィジェット(長押しで2×2マスに拡大できます)
サポート掲示板

元となったAutomatic Task Killerを2年弱メンテナンスし続けてきました。この度それに機能を大幅に追加してプリインアプリとして採用して頂き公開が出来ましたが、これで終わりではなくこれからもっともっと愛用していただけるアプリケーションとして磨き続けていきます。
独立後間もなく始まったプロジェクトでしたので不安もありましたが、一緒に仕事をさせていだだいた方々が相当すごい方達ばかりでいい経験になりました。
スマートフォンプロデューサーの世永玲生さん(Facebook、Twitter)にマモノさんをご紹介いただきプロダクトがスタートしました。特にマモノさんには、PMとして最初から最後まで自分が仕事しやすいよう、それに加え家庭のことまで考慮しながら関わって頂き本当に感謝しています。
不具合や機能要望等ありましたら遠慮無くTwitterかサポート掲示板にお寄せください。
Twitter @stahcibana

色々面白そうな開発ツールが出てきていますね。
Corona SDKについてはもう解説があるのでそちらを御覧ください。
Corona を使ってみた。 yanzm様
Corona で スマートフォン アプリ開発をしよう。インストール編 kayac様
どちらもeclipseやテキストエディタでの開発について分かりやすくまとめてくださっているのですが、自分はMacとXCodeの方が使いやすいと感じるのでこちらでの開発環境構築からHello Worldまでやってみました。以下まとめておきます。
英語が大丈夫な方はこちらの公式を見たほうが早いかもしれません。
◇ XCode 3.2.6のインストール
XCodeが4だと後で出てくるシンタックスハイライトが効かない模様。私はiPhoneアプリも作ってるのでそのまま利用
◇ Corona SDKのダウンロード
こちらから。ユーザー登録が必要なのでメールアドレスとパスワードを入れ登録。メールが来ますのでリンクをクリックしてアクティベート。
◇ シンタックスハイライト用のファイルをダウンロード&コピペ
こちらから。DL完了後、解答。
1~/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Specifications/

1/Developer/Library/Xcode/Specifications/
に配置。ディレクトリ無かったら作る。
◇ サンプルプロジェクトの起動
Corona SDKを起動、ユーザー登録の時に使用したメールアドレスとパスワードを入力。スタートアップ画面で右側のアプリアイコンをクリックすると起動します。スタートアップ画面に戻るにはCmd+W。Androidのシミュレーターで起動するにはFile > Openからシミュレーターの種類を選択して起動するか、Window > View Asから変更。サンプルアプリはCorona Simulatorと同じディレクトリにあります。
◇ プロジェクト作成&Hello World
プロジェクトを格納するどこでもいいのでフォルダを作成。XCodeのファイル > 新規ファイル > Otherの空のファイルを指定。ファイル名にはmain.lua、場所は今作ったプロジェクト格納場所を指定します。Finishをタップ。
以下のコードを入力。
12local textObject = display.newText("Hello, world", 50, 50, nil, 36)
textObject:setTextColor(255, 255, 255)
Corona Simulator上でフォルダを指定してOpenするとHello Worldできます。

コメントは受け付けていません。

Categories

 

2017年2月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

About

Author: tachibana

  • ちょっとしたことはTwitterに書いています。こっちはアプリの公開等の時に更新されます。
  • 最近はもっぱらJavaとObjective Cです。AS3は飽きました。
  • スクリプト言語ではPerlが好きでしたが最近はGAE/Jで何でもやってます。
  • Linuxは自宅サーバー建てるのがやっとのレベルです。前の会社で何日も徹夜してやったのはいい思い出です。
  • アプリへのご要望などご意見等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

Alternative content here