Flex、AIR、Java、Androidなど

Posts Tagged ‘デザイン

思いの外売上が良いので第2段のLINEクリエイターズスタンプを作ってみました。
愛媛の方言である「伊予弁」をモチーフにしたスタンプです。ので、愛媛以外の人には需要ないと思います。笑

URLはこちら
ちなみにIDは14000番代、審査は一ヶ月ちょいかかりました。
LINE等のコミュニケーションツールだと基本的に方言丸出しなのですが、例えば「早よせえや」と打ちたいのにIMEだと「は寄せ絵や」とかになっちゃうんですよね。
そういう時にも便利だと思いますので、愛媛の方は是非。

コメントは受け付けていません。

先日始まったLINE Creators Marketのクリエイターズスタンプ。リジェクトされた方も結構いらっしゃるようですね。
とりあえず思いついた、歌舞伎をモチーフにしたスタンプを作ってみたところ審査通過したので、販売します。

URLはこちら
審査のステータスは
・申請受付後2時間位でサブミット(ID1400番台)
・何度か意味不明なアップデート
・5/8審査通過
ってな感じです。
普段LINEしている中で、よく使うスタンプやこんなのあったらいいのにと思ったスタンプを40種類揃えました。
純正のスタンプだと可愛すぎて使いづらい硬派な方、歌舞伎が好きで隈取やにらみ等が分かる方には特にオススメです!
「暫」のスタンプもありますので、歌舞伎通の方は「おい!おい!」「ちょっと待った!」みたいな時に使うとオシャレなんじゃないでしょうか(笑)
以下にサンプル画像を。

尚、純正のスタンプと違って、ブラウザでの作業がありますので少し面倒です。こちらが参考になります。
自作スタンプが販売開始!購入方法を知っておこう
よろしくおねがいします!

コメントは受け付けていません。

では最後に、最終チェックとアップロードの手順を解説します。
その(1) Shadeでのモデリングはこちら。
その(2) Shade 3Dプリントアシスタント機能でのエラーつぶしはこちら。
Shade 3Dプリントアシスタント機能では面の向きが裏側でもエラー無しで抜けてしまうのですが、DMMでは受け付けてくれません。
その為、表裏をチェックしてくれるnetfabb Basicを使って最終チェックをします。無料です。

netfabb Basicではエラーの確認のみを行い、赤い面があればShadeで法線を外に向け、再度チェックします。
全ての面が緑になれば、DMMにアップロードしても大丈夫です。
エラーなく受付されれば、プリントが可能になります。

コメントは受け付けていません。

遅くなりましたが、11/24、初の著書「コピペではじめるiPhoneゲームプログラミング」が秀和システム様から発売されます。
初めはWebプログラマーの方やAndroidしかやったことない方がメインのターゲットとして書いていたのですが、諸事情で対象読者は「Objective-C書ける人」となっています。
ですが、Androidを長くやってらっしゃる方ならすんなり入れると思うので、おすすめです。わからないことあったら聞いて下さいな。
特徴として、
◆ 動かす → コード確認の流れを取り、少しでも途中で投げ出したくならないようした。
◆ GimpやGarageBandも詳しく解説し、ページ数が許す限り一冊でデザイン、開発、リリース、販促活動、収益化までカバーできるようにした。
の2点があります。特に後者はスマホ開発本では今までなかった形ではないかと思います。
また、500ページ超えで2500円なのでお買い得かと。
AndroidはできるけどiPhoneちょっと…や、iPhoneアプリはできるけどゲームはちょっと…という方が周りに多く、楽しいし簡単なのになぁと思ってた自分からするともったいないという思いから生まれた本です。
自分も最初は苦手意識と難易度が高いのではという思い込みからゲームには手を出していませんでしたが、やってみると簡単ですし周りにも受けがよく、ダウンロード数も伸びるしランキングにも入るしで今では本当にゲーム開発を始めて良かったと思っています。
また、ランキングをチェックしている方なら分かると思いますが、iPhoneゲームはAndroidやiPhoneアプリに比べまだまだ個人の開発者でも大爆発の可能性があります。
ゲーム開発は楽しいので、この機会に是非手にとって見てみて下さい!
皆様のゲーム開発の助けになれば著者としてこんなにうれしいことはありません。

コメントは受け付けていません。

第2回 開発コンテスト24
まだ〆切まで7時間ちょいあるので気が早いですがもう応募完了したので書いときます。
開発コンテストは去年も開かれたのですが、金曜日21:00にお題発表、翌日21:00まで24時間開発&応募、そのまた翌日に結果発表という面白いコンテストです。私はアイディア&スピードでこれまでやってきたのでまあできれば参加したいな、と。アプリ屋名乗ってますし。
ただ仕事が結構入ってて時間が丸々は取れないのが分かっていましたので、アイディアがサクっと出れば参加することにしていました。
んで21:00。お題は「(普段の生活で)半径3m以内にいる人が困っていることを解決する」と発表されました。そっから5分くらいでアイディアぶわーっとふくらまして、3m=音ということで音に関するアプリを作ろうとまず決定。Webサービスはこの時点で切りました。プラス出てきたキーワードから「幸せは共有、悲しみは半分こ」、「心と心が通う」あたりで考えて、最終的には音で感情を表すIMEを作ることに。時計見ずにすぐ開発始めたんですが多分ここまで15分くらい。
そっから深夜2:00までコード書いてリソース以外のデザインとコーディングが終了。4時前までリソース作り。んで一日目は寝ました。
2日目はバグチェック&修正と紹介ページ&動画撮影。昼11時過ぎには終わりました。
その後、応募を終わらせ、紹介サイトを公開しました。サイトの公開には「応募後もしくは応募のためであれば問題ありません。」とのことですので注意されたし。 ※
出したアプリの説明は紹介ページと動画を用意しているのでそちらをご覧ください。
Emotional IME

◆ 良かったこと
・アイディアがすぐ出せた
・開発もすぐできた
・久しぶりにエンジニアっぽい時間を過ごせた。ここんとこ雑務に追われてたので。
◆ 反省点
・課題が難しく、ひねりすぎたかも。審査する方々が求める作品にかすってない可能性が・・
・時間が取れなかった。
まあそんな感じで私の第2回 開発コンテスト24は終了しました。どんな作品が入賞するのか楽しみですね。

コメントは受け付けていません。

Categories

 

2017年4月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

About

Author: tachibana

  • ちょっとしたことはTwitterに書いています。こっちはアプリの公開等の時に更新されます。
  • 最近はもっぱらJavaとObjective Cです。AS3は飽きました。
  • スクリプト言語ではPerlが好きでしたが最近はGAE/Jで何でもやってます。
  • Linuxは自宅サーバー建てるのがやっとのレベルです。前の会社で何日も徹夜してやったのはいい思い出です。
  • アプリへのご要望などご意見等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

Alternative content here